暑い夏が過ぎ、初秋を迎えるとなんとなくお肌に異変を感じ始めます。

季節の変わり目のお肌は揺らぎやすいものです。

夏から秋にかけての肌は、夏の紫外線ダメージと秋の乾燥が重なって

様々な肌トラブルを引きこしやしくなっています。

どうしたら、安定した肌コンディションを守れるのか?

新しい季節を迎える前に万全のスキンケア方法を知っておく必要があります。

 

夏の終わりの肌に待ち受ける悩みとは?『ザラつき・くすみ・乾燥・敏感!!』

肌のバリア機能を果たす角質層。

夏の紫外線により、肌がダメージを受けることで

肌を守ろうと、角質層がバリア力を強化するため厚くなります。

このように肌の表面に余分な角質が滞った状態を「角質肥厚」と言います。

この「角質肥厚」によって起こるのがザラつき・くすみ

また、「角質肥厚」により、肌の潤い補給が上手くいかず

肌の内側から乾燥し、強く乾燥を感じるようになってしまいます。

このように、「角質肥厚」が原因と知らずに保湿ばかりしていても

一向に改善されないため、深刻な敏感肌を引き起こしてしまう可能性も。

 

コンディションの安定した美肌をキープするためにも

夏の終わりから秋にかけて「角質ケア」を徹底しましょう!

 

秋のお手入れで「角質ケア」で注意すべき2つのこと!!

1:必要以上のスクラブはかえって敏感肌の原因に

角質層のもともとの厚さは0.01~0.03mm

皮膚

「角質肥厚」というと、かなり厚くなっていることをイメージしてしまいますが

余分な部分はごくわずかなんです。

スクラブでゴリゴリ強くこすったり、毎日のように角質ケアすると

バリア機能を果たすために必要な角質まで根こそぎ落として

敏感肌の原因になってしまいます。

角質層は肌のバリア機能を担う大事な層ですので慎重にお手入れしてあげましょう。

オススメ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

美容成分80%だからお肌にやさしい!
TV通販で大ヒット!!デルマQⅡ マイルドピーリングゲル

デルマ

実際に試した感想はこちら

 

オーガニックだからお肌にやさしい!メイクと一緒に古い角質もオフ出来る!
琉白(るはく)月桃リセットクレンジグオイル

るはく

実際に試した感想はこちら

 

2:角質除去後はピュアな化粧水でしっかり保湿!

余分な角質をケアした後の肌は、まっさらで非常に無防備な状態です。

その後のスキンケアを邪魔する壁はありませんので、浸透力が高くなっています

できる限り、低刺激で余計な成分の入っていないピュアな保湿を行いましょう。

肌の表面を覆う皮脂膜と、肌の内側の角質層の水分が「肌のバリア機能」を果たします。

余計な成分が入っていないことはもちろん、潤いが持続する化粧水を選びましょう。

オススメ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

美容液のようにとろみのあるテクスチャーで保湿力抜群のオーガニック化粧水!
琉白(るはく)月桃バランスローション

るはく

実際に試した感想はこちら

肌の衰えを感じていた私が1ヶ月で肌のハリを変えたスキンケア対策

あなたは今、こんな肌の悩みを抱いていませんか?

  • 30代過ぎてから肌の衰えを感じるようになった
  • 鏡を見るとシワ、ほうれん線がきになる
  • 目の下のたるみ、小じわ、シミで老けて見える
  • 毎日、お手入れをしているのに肌のハリがイマイチ
  • たっぷり保湿をしても肌はカサカサ
  • 敏感肌だから良い化粧品がなかなか見つからない

などなど、そう感じている女性の方は結構多いようです。

特に、30代、40代、50代の女性の方であれば、アンチエイジング対策も考えることも多いでしょう。

NaoNao

そこで、コチラのページでは以前の私と同じように肌の衰えで悩んでいる30代、40代、50代の女性に、私が美肌を効果を実感できるようになった正しいスキンケアと、私が現在進行形で実践しているアンチエイジング対策法を特別にお伝えしたいと思います。

詳しくはコチラ