今や季節を問わず1年中欠かせなくなった紫外線対策

一般的にはUVクリームに頼っている方が多いと思います。

そのUVクリームの中に含まれる成分で気を付けないとケアしているつもりでも、逆にお肌によくないことになっているってご存知でしたか?

紫外線吸収剤は肌に悪いの?

紫外線をブロックしてくれる主な成分には

  • 「紫外線散乱剤」と
  • 「紫外線吸収剤」

の2 種類があり両方ともシミ予防に大切な役割を果たします。

紫外線散乱剤とは?

紫外線を反射させて日焼けを防ぐものですが肌を乾燥させる原因にもなると言われています。

しかし、天然の成分のものがほとんどなので、あまり心配しなくてよいでしょう。

紫外線吸収剤とは?

肌の表面で紫外線を吸収して日焼けを防ぐものですが肌荒れの原因にもなると言われています。

紫外線吸収剤が化学合成された成分になり紫外線を自分の中に取り込んで化学反応を起こさせます。

この化学反応で熱を放出するものもありますが、肌に感じるレベルではありません。

その熱や、化学反応自体、そして化学反応で変化してしまった物質が肌に刺激になり肌が荒れる原因になる場合があるのです。

敏感肌の方が、強い日焼け止めを塗って肌が荒れてしまった!ということがあるのはこのせいかもしれません。

オールシーズン必要となっているUVクリーム、毎日塗るものなのに日焼け・シミ予防で塗ったのに肌にダメージを与え、抵抗力がなくなり逆にシミの原因を作ってしまう!!

なんてことにならないためにも出来るだけ肌に良いものを使いたい!!

実は紫外線吸収剤を使っていない=ノンケミカルのものがあるのです。

おすすめのUVクリーム4つ

琉白(るはく RUHAKU)シークワーサーブライトニングUVヴェール

国内最高値のSPF50+ PA++++

実際に試したレビューはこちら

るはく

HANAオーガニック ウェアルーUV

日常生活レベルならOKのSPF30 PA++

実際に試したレビューはこちら

hana

ブルークレール UVラグジュアリーデイクリーム

日常生活レベルならOKのSPF23 PA++

実際に試したレビューはこちら

ブルークレール

ネオナチュラル DVホワイトプロ

日常生活レベルならOKのSPF24 PA++

こちらはトライアルセットにはなかったので試したことがありませんが基礎化粧品がとても良かったので

間違いないのではないでしょうか。

ちなみに、トライアルセットを試したレビューはこちら

ネオナチュラル

私はトライアルセットで試してから気に入って琉白とHANAオーガニックを、その日ごとに使い分けて使っています。

ブルークレールも試した時、とても良かったので、いつか使いたいと思っているところです。