美肌でいられる!!紫外線の波長とは?

そもそも、紫外線にはA波、B波、C波と3種類あります。

そして、A波、B波、C波の順に波長が長く、波長が短い程、“細胞に強いダメージを与える”と言われています。

あまり聞かないC波って何?対策は?

前述に述べた通り、C波は波長は短いが最も強力な光線です。

しかし、現在のUVクリームなどではC波は全く気にされていません。

それは、波長の短いC波は厚いオゾン層に遮断されて地表に届いていないからです。

紫外線

しかし、A波とB波は波長が長かったため遮断されずオゾン層をくぐり抜け地表に降り注いでいるため現在では、A波とB波を防御する機能を持った日焼け止めが販売されているわけです。

最も波長の長いA波は老化の原因!

A波を浴びると、人の肌はメラニン色素を分泌して自然と肌が黒くなります。

いわゆる日焼けですが、このA波による日焼けを「サンタン」と呼びシミの一歩手前の状態といえます。

数日でメラニン色素は引いて、元の肌の色に戻ります。

この「サンタン」は人間に自然と備わったA波を防御するシステムで肌のナチュラルな防衛反応と言えます。

A波は季節・天気に関係なくほぼ1年中安定的に降り注いでおりB波の20倍以上と言われています。

さらには、雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので曇りの日も、日当たりの良い家の中でも対策が必要です。

近年の研究では波長の長いA波が肌老化に大きく関わっていることがわかってきました。

波長が長いA波は、肌の深部「真皮層」にまで影響を与えるため真皮層にある肌のハリを保つ「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」などにダメージを与えているのです。

つまり、シミにはならないがじわじわと皮膚の細胞を傷つけシワ・たるみなど肌老化の原因になっている。

この恐ろしいA波からどれだけ肌を守れるかを表したのがPA値です。

PA+の+が多いほど防御力が高まります

B波は長く浴びると消えないシミに!!

冬場は紫外線全体の5%にすぎないB波ですが夏になるとぐんと割合を増やし降り注ぐと言われています。

炎天下で1、2時間でも日光を浴びてしまうと真っ赤に皮膚がはれ上がると思いますが、それはB波が細胞を破壊しているからなのです。

この日焼けを「サンバーン」といいます。

「サンタン」とは違い、ほぼヤケド状態。

 

そしてこれが、ずっと消えないシミとなります。

シミも肌の防衛反応が働いて、肌を守ろうとしている結果なのですが外見的にはお肌が汚く見え、老けても見えてしまうのです。

日焼け対策として最も有効なのがUVクリームを塗ること!

SPF値だけでなくPA値にも注目して選ぶようにしましょう!

国内最高値のフォープラス(++++)がいくつか出ています。

UVクリームで紫外線対策はすごい大事!

エリクシール SPF30 PA++++

エリクシール

アンプルール ラグジュアリーホワイトプロテクトUV SPF50+ PA++++

アンプルール

アスタリフト パーフェクトUVプロテクター SPF50+ PA++++

アスタリフト

琉白(るはく) シークワーサーブライトニングヴェール SPF50+ PA++++

るはく

UVパウダーも紫外線対策に効果的!

ブルークレール ローズリッチUVパウダー SPF50+ PA++++

ブルークレール

マナラ UVカットパウダー45 SPF45+ PA++++

マナラマナラ