今や美容・医療業界で話題の

ココナッツオイル

IMG_0439

原料となるココナッツからは

当然ながらオイル以外だって取れます!

ココナッツシュガー、ココナッツミルク、

ココナッツフラワー(粉)、ココナッツミート、

ココナッツウォーター・・・

ハワイでは余す所なく食べているのだとか。

 

日本ではオイル以外だとあまり馴染みがなく

ココナッツオイルブームに便乗した感のある

ココナッツシュガーが店頭に並んでいるのを見るくらいか

タイカレーを作る時に使用するココナッツミルク

あたりしか、知らないかと思います。

 

ココナッツミルクはタイカレーを作る時以外は

全く購入することがありませんでしたが

今回、甘酒スムージーに入れてみたくて購入しました。

 

タイ産のココナッツミルク

IMG_0994

同じココナッツなのに注目されているのは

ココナッツオイルばかり。

一体、何が違くて日の目をみることが出来ないのか・・・?

 

ココナッツオイルが有名になったのは

健康・美容に効果が高いと言われてる

中鎖脂肪酸を多く含んでいるからです。

中鎖脂肪酸は消化吸収率が高く

すぐに燃焼してエネルギーとして使われるため

体に脂肪がつきにくく、太りにくいオイルと言われていて

この中鎖脂肪酸を含むオイルはココナッツオイルだけというのも

注目を集めることになった要因の一つかと思います。

 

 

 

ココナッツオイルが健康にいい理由の記事↓↓↓↓↓↓

その1 太りにくい!

その2 便秘に効く!

その3 脳を活性化!老化防止に効果あり!

その4 インフルエンザ予防に!

その5 生活習慣病を予防!

 

さて、その中鎖脂肪酸ですが

具体的にどの程度の含有量なのでしょうか?

 

ココナッツオイルは100%が脂質で

そのうち50~60gが中鎖脂肪酸

残り40~50gが長鎖脂肪酸と言われています。

 

一方、ココナッツミルクの脂質は100g中20g前後。

このうち半数以上の15gほどが中鎖脂肪酸

残り5gが長鎖脂肪酸と言われています。

 

長鎖脂肪酸とは、肉の脂身などに多く含まれている脂肪酸で

体内で分解されにくいため

取りすぎると体に蓄積され太りやすいと言われています。

 

この数字だけ見ると、オイルの方が良いじゃん!と思ってしまうのですが

よくよく、考えてみると、、、

オイルを100g取るなんて取りすぎではないか??

しかし、ミルクだったら1回に100g取ったって取りすぎではない!

例えば、オイルであれば1回に摂取する量は大さじ1~2位が適量かと思われます。

大さじ2で考えた場合、中鎖脂肪酸は15g~18g含まれていることになります。

ミルクだったら1回100g摂取で中鎖脂肪酸は15g摂取出来ます!

 

そう、1回に適量を摂取することを考えると大差なく

中鎖脂肪酸を摂取出来るのです。

 

しかし、オイルもミルクも中鎖脂肪酸だけではなく

脂肪になりやすい長鎖脂肪酸も含まれています。

その長鎖脂肪酸で比較してみると、

オイル大さじ2の場合、12g~15g、

ミルク100gの場合、5gしか含まれないという結果になるのです。

 

こう考えると、ミルクだって栄養成分的には

オイルにおとらないスーパー食品!!

 

なんとなくスッキリしたところで・・・

美肌・美腸の救世主である甘酒スムージーを作ります!

今回はココナッツミルク+ヨーグルト+パイナッツプル+キュウイ

IMG_1002

IMG_0995

ココナッツミルクが入るとやや複雑な味ではありますが

冷たさと酸味でスッキリとした味わいになり

気にならずに飲めました。

甘酒とココナッツミルクのコラボなんて意外性がありますが

お互いのクセを打ち消しているのか

上手い具合に馴染んでくれました。

 

次回は何プラスで甘酒スムージーを作ろうか・・・?

ブドウ糖、必須アミノ酸、ビタミンB群、100種類以上もの酵素と

栄養満点の甘酒ですが、なんとびっくりビタミンCは

含まれていないのだそう。

なので、ビタミンCを含む食材をプラスするのがよいのだそうです!

イチゴやトマトなども合うようなので

チャレンジしてみようかな。。。

 

肌の衰えを感じていた私が1ヶ月で肌のハリを変えたスキンケア対策

あなたは今、こんな肌の悩みを抱いていませんか?

  • 30代過ぎてから肌の衰えを感じるようになった
  • 鏡を見るとシワ、ほうれん線がきになる
  • 目の下のたるみ、小じわ、シミで老けて見える
  • 毎日、お手入れをしているのに肌のハリがイマイチ
  • たっぷり保湿をしても肌はカサカサ
  • 敏感肌だから良い化粧品がなかなか見つからない

などなど、そう感じている女性の方は結構多いようです。

特に、30代、40代、50代の女性の方であれば、アンチエイジング対策も考えることも多いでしょう。

NaoNao

そこで、コチラのページでは以前の私と同じように肌の衰えで悩んでいる30代、40代、50代の女性に、私が美肌を効果を実感できるようになった正しいスキンケアと、私が現在進行形で実践しているアンチエイジング対策法を特別にお伝えしたいと思います。

詳しくはコチラ