老けて見える女性

ふと鏡を見た瞬間、いつもより自分の顔が老けて見えたことありませんか?

あご回りや頬、目の下など全体的に垂れ下がった皮膚は老けた印象を与えてしまいます。

その原因は、お肌の“たるみ”です。

“たるみ”ができる原因とは?

加齢と紫外線による真皮のコラーゲンやエラスチンの変化

コラーゲン繊維は肌の弾力をつかさどっており加齢や紫外線の影響により減少、弾力も徐々に衰えていきます。

また、コラーゲン同士のネットワークを維持するエラスチンが減少したりすると、線維全体のネットワークが崩れ始め肌にたるみが生じてきます。

実は、たるみの原因は真皮のシワが出来る原因と同じなんです!!

主にたるみが現れやすい部分は?

  • 目の下『涙袋』
  • あご回り『二重あご』
  • 頬『ほうれい線』
  • 毛穴『たるみ毛穴』

目の下『涙袋』

もともと薄い目元の皮膚がたるみ、眼球のまわりにある脂肪を支えきれなくなって下まぶたの皮膚が、ぷくっと膨らんだように見える。

あご回り『二重あご』

フェイスラインのたるみで、体重が増えたわけでもないのに二重あごになるのが一種のたるみ。

頬からあごまでが顔の中で最も脂肪の厚い部分で、それを皮膚が支えきれなくなると二重あごに見える。

頬『ほうれい線』

頬の厚い脂肪を支える皮膚や皮下組織がたるんで顔全体が下がってきて出来る。

よくシワと間違えられるが実はたるみが原因。

残念ながら化粧品での解消は難しく美容皮膚科で行うヒアルロン酸注入でないと緩和出来ない。

毛穴『たるみ毛穴』

初期のたるみ。多くの人が頬などの毛穴の開きからたるみを感じはじめる。

若い時はハリのあるコラーゲンが毛穴をまわりから支えているが、コラーゲンが緩んでくると支えきれなくなり毛穴が開いてくる。

“たるみ” 改善方法は?

原因がシワと同じなので改善方法もシワと同じ、減少していコラーゲンを補うケアを行っていきましょう。

コラーゲンの量を増やす作用のある“レチノール”や“ビタミンⅭ誘導体”配合の化粧品がfおすすめです。

これらの成分はニキビ跡にも有効ですので、総合的なお手入れにもつながります。

また、紫外線対策も怠らないように!!

たるみが生じてからでは完全に解消することは難しくなりますので未然に防ぐためにも予防は必須です。

肌の衰えを感じていた私が1ヶ月で肌のハリを変えたスキンケア対策

あなたは今、こんな肌の悩みを抱いていませんか?

  • 30代過ぎてから肌の衰えを感じるようになった
  • 鏡を見るとシワ、ほうれん線がきになる
  • 目の下のたるみ、小じわ、シミで老けて見える
  • 毎日、お手入れをしているのに肌のハリがイマイチ
  • たっぷり保湿をしても肌はカサカサ
  • 敏感肌だから良い化粧品がなかなか見つからない

などなど、そう感じている女性の方は結構多いようです。

特に、30代、40代、50代の女性の方であれば、アンチエイジング対策も考えることも多いでしょう。

NaoNao

そこで、コチラのページでは以前の私と同じように肌の衰えで悩んでいる30代、40代、50代の女性に、私が美肌を効果を実感できるようになった正しいスキンケアと、私が現在進行形で実践しているアンチエイジング対策法を特別にお伝えしたいと思います。

詳しくはコチラ