【楽天ランキング1位!】
ナチュラルヘルシースタンダード

エキストラヴァージンココナッツオイル

500ml 2,138円(税込)

IMG_0413

ココナッツオイルの健康・美容効果が

昨今の健康ブームで大注目!!

 

書店ではココナッツオイルの本が平置き、

コンビニにまで置かれているから

びっくりします!!

 

ここまでくるとココナッツオイルが

健康・美容・ダイエットにどう効果があるのか

とても気になるところではないでしょうか?

 

「油=太る」という理由から、長い間

ダイエット中の女性達から敵視されてきました。

 

しかし、実は身体に必要な栄養素でもあり

適量であれば積極的に摂取すべき油もある

ことが認知されてきました。

 

「油(オイル)」とひとことで言っても種類は多く

身体に対する効果・影響もそれぞれ。

「油(オイル)=脂質」の種類と特徴について知っておくと

健康管理に役立つと思います!!

 

「油(オイル)=脂質」とは??

脂質はたんぱく質・炭水化物と並ぶ三大栄養素のひとつ

家庭科の授業などで学んだことがある

“三大栄養素”

3つって何だっけ?

と、お忘れの方も多いのでは?

 

その3つとは・・・

⓵タンパク質 ⓶炭水化物 ⓷脂質

 

脂質は人間が生きて行くために

必要不可欠な栄養素です!

 

じゃ、揚げ物も思う存分食べるぞ!

と思った方、そうではありません!!

大量摂取は何でも毒になります。

 

あくまでも適量摂取を忘れずに!

脂質が健康を維持する重要な役割とは?

◇体の主要なエネルギー源となる

◇細胞膜を作る

◇脂溶性ビタミンの吸収を高める

 

過剰摂取し体内で分解されずに余ってしまった脂質は?

◇脂肪細胞に蓄積され、肥満や脂肪肝の原因になる

 

太るからと極端に油を抜いた場合に引き起こす機能低下は?

◇疲れやすくなる

◇肌が荒れる

◇免疫力が低下する

 

脂質の種類と特徴、知ってれば身体もお肌もキレイになれる!

脂質を構成する主成分脂肪酸には

大きく分けて2種類あります。

“不飽和脂肪酸”“飽和脂肪酸”

更にそこから、細分化されていきます。

 

不飽和脂肪酸の種類と特徴

 

不飽和脂肪酸とは?

【特徴】

◇酸化しやすい

◇すぐにエネルギー源となるため体に蓄積されにくく太りにくい

◇悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがある

不飽和脂肪酸は更に3つに細分化されます。

➀一価不飽和脂肪酸
➁多価不飽和脂肪酸
➂トランス脂肪酸

 

【➀一価不飽和脂肪酸】

種類 体内で作ることのできる油

オレイン酸(オメガ9系の一種):オリーブオイル

特徴 体にいい油の代表・オリーブオイルは

動脈硬化などの生活習慣病の予防や

血液中の悪玉コレステロールを減らす働きがある。

不飽和脂肪酸は酸化しやすい性質だが

オリーブオイルに含まれているオレイン酸が

不飽和脂肪酸の中では最も酸化しにくいため

中温程度の過熱料理であれば使えるのが特徴。

 

【➁多価不飽和脂肪酸】

種類 体内で作ることのできない油 (2種類)

➀リノール酸(オメガ6系の一種)

:ごま油、コーン油

➁α-リノレン酸(オメガ3系の一種)

:亜麻仁油、魚の油、えごま油

特徴(オメガ6) 悪玉コレステロールを減らすが

取りすぎると善玉コレステロールも

減少させてしまう。

特徴(オメガ3) 中性脂肪を減らし

善玉コレステロールを増やしてくれる。

アレルギーを改善する働きもあることから

注目されている。

 

【➂トランス脂肪酸】

種類 水素添加された人工的な油

マーガリン、ショートニング、

油の多い菓子、業務用の調理油ナド

特徴 太りにくいといわれている不飽和脂肪酸だが

トランス脂肪酸は例外で要注意な脂肪酸。

コレステロールを上昇させ

動脈硬化や心筋梗塞といった生活習慣病

また発ガンリスクを高めるため

欧州諸国の一部では

トランス脂肪酸の表示が義務づけられている。

 

飽和脂肪酸の種類と特徴

 

飽和脂肪酸とは?

【特徴】

◇酸化しにくい

◇体に蓄積しやすく、太りやすい

◇飽和脂肪酸は中性脂肪を増加させる

作用があるが、中鎖脂肪酸を豊富に含む

ココナッツオイルだけは例外!!!

飽和脂肪酸は更に3つに細分化されます。

➀長鎖脂肪酸
➁中鎖脂肪酸
➂短鎖脂肪酸

 

【➀長鎖脂肪酸】

種類 肉の脂身など
特徴 体内で分解されにくいため
取りすぎると体に蓄積され太りやすい。

 

【➁中鎖脂肪酸】

種類 ココナッツオイル
特徴 消化吸収率が高く、すぐに燃焼して

エネルギーとして使われるため、

体に脂肪がつきにくい

 

【➂短鎖脂肪酸】

種類 バター、酢など
特徴 体内で素早く分解されるが、

含まれている食品が少ないうえ、

含有量もわずかなので、

食品から必要量を摂取することが難しい。

 

ココナッツオイルは『太りにくい中鎖脂肪酸』

太りやすいはずの飽和脂肪酸ですが

中鎖脂肪酸だけは別!

太りにくい!!

 

その中鎖脂肪酸を含む率がだんとつに高いのが

ココナッツオイルなのです。

 

通常、摂取した栄養は血液を循環しますが

中鎖脂肪酸の場合は循環せず

直接肝臓に送られます。

 

そのため、なんと!!

長鎖脂肪酸の4倍の速さで吸収

10倍の速さでエネルギーに変換!

 

このようにダイレクトで消化吸収され

すぐに代謝のためのエネルギーとして使われるため

基礎代謝がアップ↑↑

 

さらに、すでについてしまった体脂肪も

燃えやすくしてくれるという

驚くべき効果をもたらしてくれるオイルなのです!

 

基礎代謝とは・・・

内臓を動かしたり体温を維持したり

生命活動を行なう為に使われるエネルギーのこと。

 

食事の量が同じでも基礎代謝の高い人は

カロリーを多く燃焼できるため太りにくいのです。

 

運動して筋肉量を増やさなければ

基礎代謝の高い体は作れないと思っていましたが

ココナッツオイルでも代謝をあげることができる

なんて夢のような話!!

運動する時間がなかったり、苦手という方には

本当に嬉しい話ではないでしょうか?

 

ココナッツオイルを含む食事を摂ると

代謝の上がった状態が24時間継続する

という研究結果もあるのだとか。

 

基礎代謝が上がれば、体温も上がり免疫力がアップ↑

というフプラスの連鎖が次々と起こるのです。

 

さらに、中鎖脂肪酸は体がより健康になるのを

サポートする働きがあり

適正体重へと近づけてくれるのです!

 

こんなに素晴らしい油があったとは!!

ココナッツオイルはマイナス要因のない

摂取して損のないオイルです!!

 

ココナッツオイルが健康にいい理由のその他の記事↓↓↓↓↓

その2 便秘に効く!

その3 脳を活性化!老化防止に効果あり!

その4 インフルエンザ予防に!

その5 生活習慣病を予防!

 

ナチュラルヘルシースタンダード(natural healthy standard)

エキストラヴァージンココナッツオイルの詳細

商品名 ナチュラルヘルシースタンダード(natural healthy standard)エキストラヴァージンココナッツオイル
分量 500ml
価格 2,138円(税込)
送料
特徴 ダイエット、美容、健康
内容

 

購入者こちら